潜在意識 明/暗

潜在意識は、名の知られている心理学者のフロイトやユングが着目し、注目を集め、世間に広がったもので、私も潜在意識の可能性を信じ、その影響を受けている一人です。

意識はざっくり分けて、顕在意識と潜在意識の2つに分かれます。顕在意識は意識的な働き、潜在意識は無意識的な働きです。

ユングは、分かりやすくするため、意識を氷山に例えています。海面に出ている部分が顕在意識で、海の中に沈んでいるほとんどの部分が潜在意識と言っています。だから、潜在意識が大部分を占めているということです。そして、時代が経つにつれて、その潜在意識が私たちの行動、考え、意思決定に大きな影響を与えていると知れ渡ってきました。

潜在意識に、いいものが詰まっていればいい影響を与え、悪いものが詰まっていれば悪い影響を与えると言った感じです。ポジティブな思考なのか?ネガティブな思考なのか?とも言えいると思います。

だからこそ、この潜在意識を自分の味方にすればもっといい結果が出るはず!

この潜在意識に夢や希望や理想を送り込み、イメージし(イメージトレーニング)、その夢や希望や理想に向かって一生懸命に努力し、行動する!その継続がとても大切だと思う。

でも厄介なのが、この潜在意識が私たちの生きる糧において、時には、邪魔となることが多々あるということです。何か新しいことを始めるとか、何かに挑戦するとか、環境や仕事を変えるとか、もうあと一歩で結果が出ないという時に、諦めたくなったり、怖くなったり、不安になったり、面倒くさいなど、引き止めようとする、もう一人の自分がその正体です。

潜在意識は、今まで生きてきた精神状態や環境に依存する傾向性があり、新しい環境を好まない変化に弱い部分もあるのです。これは自分を守るための無意識的な防御反応です。簡単に言えば、今までこうして生きてきたから、このままでいいじゃん的なものです。

私たちの夢や希望や理想を成し遂げるには、この無意識な防御反応を打ち砕かないとダメだということです。打ち砕くには、ネガティブな潜在意識をキャッチし、ポジティブな潜在意識に転換する。オセロで例えて、白をポジティブ、黒をネガティブだとすると、全部白に変えるイメージです。自分はこれからこう生きるんだ!と強く知らせ続けてあげるのです。それを繰り返すことによって、潜在意識が新しい環境に慣れてきて、自分の意志と行動をサポートする味方になってくれるのです。

厳しい状況、最悪な状況でも、ポジティブに考える努力をし、可能性と希望を見つけ、見つめ、そこに向かって一歩、また一歩と努力し、行動し続けることに意味がある。そして、必ず未来は開ける!と自分も信じている。

 

 

考え方

自分は、いろんな経験をして、いろんな感情が生まれて、新しい自分を見つけて、挑戦して、失敗して、挫けて、又、立ち上がって、挑戦する。この繰り返しをしている。こういった経験で人生の年輪が少しでも大きくなってもらいたいな。

いつ来るか分からないチャンス(オーディション)。そのチャンスにいつでも準備ができている自分でいたい、せめて今の自分のパフォーマンスがしたい。そのチャンスで自分のパフォーマンスができなければ、どれだけ自分が落ち込むか分かっているし、そのチャンスを掴めば、又一歩前に進む事ができるのも分かっているから、毎日できる事をやる。

人生、自分がコントロールできるものと、できないものがあると思う。自分がコントロールしていると思っても全然思うようにいかない事だってあるし、突然ラッキーが来る事だってある。

どんな事があっても、前向きに、自分の道を進もうと心がけている。惰性的にならずに、自分に正直に、目の前の現実に全力で立ち向い、生きていきたい。

再スタート

久しぶりの投稿。長い間ストップしていた。もちろん離婚の事も関係していたし、少し面倒な事になっていたし、ソーシャルメディアの方はご無沙汰していました。

ぼちぼち落ちついてきたので再開していきたいと思っています。

何はともあれ、この経験から学んだものは、深く、大きなものでした。我慢、忍耐しなくてもいい場合もあるんだなと思わされました。自分を正当化して、自分に嘘をついて生きていても、生きずまる時が来るんだなと自分の人生を通して実感しました。

良くも悪くも人生は何が起こるか分からない!悪いことが起こったとしても、解決できない事は、人生に起こらない。何が起こっても、乗り越える!解決できる!どうにかなるとポジティブに考えて前向きに生きる事が大切だなと感じました。どんなにきつい状況でも、死にたい気持ちになったとしても、そこからどうにか希望を見つけて、目標に向かってできる事を全力でやっていくしかない。自分にすごい近い人から言われた一言、「いくら悩んで深刻に落ち込んでも現実は変わらないよ。

ここから再スタートです。

Dango Samurai

だんご侍の企画を始め数年がたちました。やっとの思いで、、、どうにか、、、こうにかエピソード0から3まで様々な方々の協力を得て完成させることができました。協力してくださった方々には心から感謝しています。まだまだ力不足で反省するところが多いですが、お時間のある時に見てください。

エピソード0 The Overture, エピソード3 Encounter

最近は一人の時間もできて本を読む機会が多くなった。こういう時間が嬉しいな。今は英語で演技の本を読むことに少しはまっている。(時間はかかるが英語の勉強も含めて)アメリカでいう演技のメソッドとか有名な演技指導者たちの話など、、、。これが結構面白い。演技にもロシア、イギリス、アメリカの文化と歴史が混ざり合っている。演技の学校でちょっとした豆知識はあったが、本を一冊読むにつれて、本当に豆知識だったなと気づかされる。まだまだ読みたい本がいっぱいある。知識をつけることによって演技をよりリスペクトできてくる感覚がうまれてくることが嬉しい。