One of those stories / ちょっとしたストーリー

とても興味深い友人、映画監督の元お医者さんと何年ぶりかの再開!とても話が弾んだ。成長している彼の姿をみて嬉しかったし、語りに語りまあ〜楽しかった〜!彼は医大を卒業後、医者として働き、ハリウッドを夢見て脱医者。これって凄い決断ですよね!お医者さんだったのに何故。。。?その決断の理由とは。。。?彼の話を聞いていて思ったことは、夢のため、その夢にたいする溢れんばかりのどうする事もできない情熱が彼をハリウッドに導いたように伺えた。彼はハリウッドで1本長編映画を撮り、配給を決めた。ビザのため、日本に一時帰国。もう一度ハリウッドに帰ってくるために日本で医者のバイトをしながらお金を貯めてチャンスを狙っていたらしいが、残念な事に今回をもち、日本に帰国する事になった。今、彼はロスで彼の映画に出演した役者さん達一人一人に会い、配給されたDVDを手渡しで渡し、感謝の気持ちを伝えていた。そんな光景にとても感銘を受けた。こういう人間って偉いですよね。日本に帰ってもロスで経験した事をいかし頑張ってもらいたいな。映画は日本でも撮れる!