映画トワイライト出演、今だから話せるストーリー

images今更と言う人もいるかもしれませんが、今だから言える心の内。このエンドクレジットはビックサプライズ!初めて映画を観てこの映像が出てきた時、思わず「えっ、、、マジで、、。」と自分の眼を疑ってしまいました。まさか、こんなエンドクレジットを貰えるなんて!!!そんなこと思ってもいなかったからです。初めての体験だったので感無量、、、私にとってとてもうれしいプレゼントでした。製作側の方達に心の感謝です!ありがとうございました!今思えばこの映画に出演する事が決まってからは、脚本を長い時間をかけて何度も何度も読み、自分のシーンを100回以上読み返し、イメージトレーニングを何回もくり返し真剣勝負で撮影に望んだ。そしてそれが結果として目に見えいる形で出てきてくれた事が非常に嬉しかった。トワイライトのキャストメンバーは何度か撮影を共にしている仲間、トシロウの出てくるのシーンは自分一人が新しいく入ってきた役者だと知っていたので、その輪の中に上手く溶け込めるかとちょっと心配でした。気を引き締め撮影現場に向かっている途中に一つの考えが頭に浮かんできた。「そうだ!自分の脚本にサインを貰おう!」と。そして撮影現場について監督, プロデューサー、キャストの方達と挨拶をかわし、サインを頼んだ。すると誰もが「Sure!」「 Of cource!」と快く脚本の表紙にサインを書いてくれた。良かった〜!みんな私が思っていた以上にフレンドリーだったので、私もすーっと撮影現場になじめた事をよく覚えています。監督のビルは本当にいい人だった〜。特にトシロウが黒いミストに巻かれるシーンはミストも、何もないところでの演技だったので難しかったが、テイク前に監督のビルが丁寧に彼の描いているものを説明してくれて、監督と自分が表現しようとしているものが同じ方向だと確認できたのでとても助かった。映画を観るとトシロウのシーンは短いのでよくわからないかもしれませんが、撮影現場ではもっと、殴り合ったり、走ったり、飛んだり、壁にぶち当たったりとアクションが思ったよりも多かったんです。アクションが好きな私としてはラッキーでとても楽しく撮影する事ができました!撮影終了後は充実感と出し切った感とが混ざり合い、夜明けを見ながら自然と涙が出てきました。Script for BDPT2

そしてトワイライトサガ•ブレイキングドーン•パート2のワールドワイドのプレミアにも招待され、映画上映後も関係者の方々から色々と勇気づけられる言葉をかけられ人生で忘れられない一日となりました。心から心から感謝です!今だからシェアできるストーリーでした。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s