マネージャーハンティング!インタビューその1

役者としてのキャリを拡大するために新しいマネジャーを探している最中です。今日は、私のエージェント、ジェイの紹介で、あるマネージメントカンパニーと面接があった。エージェントとマネジェーは役者にとって重要なカギとなるところ。どんな服を着るか一瞬迷ったが、カジュアルで行く事に決めた。金曜日と言う事もあって、ハリウッドの道はかなり渋滞していていつもより長めのドライブ。どんな面接になるだろう〜とワクワクしながらオフィスに向かった。

ハリウッドの中心部にあるこのマネージメントカンパニーは21年の歴史を持つ会社。オフィスにつくと部屋へ案内された。そこには一人のカンロクのある女性オーナーが座っていた。彼女と挨拶をかわしたあと、二人の女性マネージャーが部屋の中に入ってきた。又、挨拶をかわした。そして、その3人に囲まれて面接が始まった。色々と質問をされ、それに答え、自分について語り、逆に質問して、その答えを聴き、そんな事を繰り返し、そこから約1時間ぐらい面接が行われた。あっという間に時間が過ぎた、、、聞きたかった事も聞け、言いたかった事も言えて、いい感じで面接が楽しめた。今回のポイントはチャンスの拡大とコネクションそしてコミュニケーションだった。無名の私は、このような面接の時は自分を売るチャンスなのでひるんだり、遠慮したりするのは禁物。面接の最後にオーナーから「私達の会社でマネージメントしてもいいわよ」と言われたが、「あと面接がいくつかあるので、、、エージェントを通して又、後日連絡します。」と言ってその会社をあとにした。マネジャーはこのハリウッドで勝っていくための大切な仲間となるので慎重に選んでいきたい。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s