パターン的

オーディション、、、全力を尽くす、、、役が取れない、、、考える、、、何故だ、、、? 原因を考える、、、ひらめく、、、決意、、、そしてチャレンジの行動。

私の役者人生は、このパターンの繰り返し。今でもそれは続いているし、続けている。そして、このプロセスが自分を成長させているように思える。何故か、決して痛いところから目をそらさないように意識しています。オーディションの結果を時とか運とかで片付けたくないのです。全てひっくるめて自分の実力と思っています。結果を出さないと傷つくのは自分であり、自分の家族である、、、。確かに、20代の頃はいつか自分の時がくると思っていたな、、、(笑)。今は時は来るものではなく、つくっていくものだと信じている。結果が出ない、、、、足りないもがそこに必ずあるんです。必ず、、、。自分はオーディションが来るたびに目の前にチャンスがきているんだよ!といつも思うんです。取れると思うが、取れない、だから悔しい。悔しいから、又頑張れるんです。

今日はトレーニングの後に、読書。今、この本をもう一度読み直している。色々と気づかせてくれる。基本的な演技、オーディションについての本。結果が一日でも早く出せるように頑張るぞ!book

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s