imagination

“The fantasy of the daydream is the most personal, most secret of the acting values.”        by Meisner

ある本を読んでいる時にこの言葉が胸に止まった。いい言葉だな、、、。どんなシーンも自分のオリジナルにかえられる技術。準備の大切さ、想像力の大切さを感じさせるな。自分もオーディションを受けていて思う事は、限られた時間で、どれだけ、どこまで準備でき、違い(らしさ)を出すか?自分のワールドを作り、自分のチョイスをして、恐れず表現する。こういうところを意識している。

記録として残しておきたい1日

4/23/15。大事な一日が終わった。今の自分にとって、とても意味深き時。近くて大きなチャンスが目の前にある。どうしても結果を出したい。この役をとって演じたい。そう思い望んだオーディション。

ハリウッドにあるオーディションが行われるオフィスを訪ねていくと、そのドアには鍵がかかっていた、、、ちょっと早かったかな、、、コールタイムよりも20分ほど早かった。ちょっと待ってみよう、、、台詞の練習を始めた、、、13分待っても誰も来ない、、、。おかしいなと思いドアを3回、ノックした。そしたら、中から、そのドアが開いた。白人の女性が笑顔で出迎えてくれた。ちょっとホッとした。良かった。場所があってて、、、。

中に入るとガラッとした空間が広がっていた。ドアを明けてくれた女性が、「ちょっと待っててね。」と言って違う部屋に入っていった。役者のサインシートがない、、、他の役者も見当たらない、、、俺だけか、、、?彼女がその部屋から出てきて、「5分ぐらい待ってくれる。何か飲み物かいる」と優しく対応してくれた。集中力を切らしたくなかったので、ノーサンキューと断った。自分の持っていたバックを部屋に置いてあった椅子の上に置いて、オーディションの準備にとりかかった。この3度目となるオーディションに来るまで、長い道のりだった。今、このオーディションがどれほど重要なものかは自分が痛いほど分かっている。ここ数年、後、一歩というところで苦しんでいる自分。オーディションは3シーン、合計、12ページ。「今日で決まるな、、、今日で決めよう!今日こそは!でも気負うな、リラックスだぞ。あせるな。」とそんな事を心の中で呟く。高鳴る鼓動を心の中に沈める、、、。演技もスポーツと似ていて変に力むといいものが出てこない。だからオーディションでは、集中する事と、リラックスする事をいつも意識している。

時がきた、、、。

オーディションをする部屋に入るとカメラ一台、白人男性の脚本家と、もう一人、白人女性と、計2人が部屋の中にいた。自分の読み相手はその脚本家。「準備はいい?もう少し時間あげようか?」と言われたが、「大丈夫、やりましょう!」と答えた。彼が「何か質問は?」と言ってきたが、自分は「いいえ。」と返した。遠慮はせず全てを出し切ろう!もう一度シーンを頭の中に回想させる、、、。

お互いに、目で合図。オーディションが始まった。最初は自分が表現したいものをシーンごとに演じて見せた。しかし、彼から、違った視点からのアプローチで演技をしてくれと言われた。あーしてくれ、こーしてくれと細かい指示も受けた。自分も何回か失敗したが、失敗はつきもの、そんな事を恐れてはいられない!今、最高のものを出すのみ。この瞬間にしかできない生で極上の演技をするのみ!全ての意識はそこに向かっていた。そこから40分近く真剣な演技のやり取りが続いた。シーン終了、、、。2人の間に流れる空気が心地よかった。

今、出せる力は全て出した。ベストは尽くした、、、充実感。又、今日というチャンスが終わった。後は演技の神様に祈る。

こんどこそ

明日で決まる。大きな、大切な一日。又、ここまで来た。今日もアクティングコーチと練習。役になりきろう、最高の演技を、、、。このチャンス、自分のものにする!

今、目の前で一つの可能性が大きく開こうとしている。信じる自分、無理かと思う自分、そんなの気にするなって言う自分、そういう自分を行ったり来たり。

全ては自分次第。

こんなチャンスはそうあるものではない。信じなければもったいない。今回も又、信じよう。いや、信じる。必ず花開くと信じる。そう生きよう。

Little Boy, Premiere!

Little Boy, Premiere 2

Kosaka Masami 04/14/2015 “Little Boy” Premiere held at the Regal Cinemas L.A. LIVE Stadium 14 in Los Angeles, CA Photo by Kazuki Hirata

映画、リトルボーイのプレミアに招待され行ってきました。この映画には何人かの日本人、俳優が出演していています。その中の数人と今回、一緒にこのプレミアに参加することができました。自分のシーンはばっさりカットされていたにもかかわらず招待されてとても感謝です。本当、感謝です。プロデューサーの話によるとオリジナルのシーンが過激で、この映画を配給する方向性とあわなかったらしいです。でも、ブルーレイにそのシーンがのるらしいので、ブルーレイがでるのが今から楽しみです。撮影から約、3年半、本音、がっかりしたけど、こういう事も、この業界ではあることなんです。これも厳しい現実です。でも、映画が良い出来だったので良しでしょう!最後の方で自分も涙がうるうると、、、。

製作側と配給側が協力して、映画を完成させて、世に出さなければならない。そこには、いろいろなドラマがあるわけで、それを乗り越え映画は世にでる。そして、一人でも多くの人に見てもらって映画は報われる。

Little Boy, Premiere 3

この映画の撮影に携わり、プレミアに参加できたことに感謝します。

Little Boy, Premiere 4

それにしても、プレミアは楽しい。楽しかった。これはこれで最高の夜でした。

“Little Boy” Premiere

今月、14日に映画「Little Boy」という映画のプレミアに招待されました。かれこれこの映画の仕事をして2年半ぐらいは経っているでしょう。いろいろな思い出がよみがえってきます。この映画ではロスで頑張っている役者さん達も出ています。いい映画でありますよーに!全米で4月24日から劇場公開の映画です。

Audition

あるテレビショウでビデオオーディションによるコールバック。

今のマネージャーにはとても感謝している。特にビデオオーディションの時は、彼女の意見を正直に言ってくれるのでとても嬉しい。自分のビデオを見てここがよくない、ここが弱いなどストレートに意見を言ってくれる。彼女の真剣さが伝わってくる。真剣に役をとりたいと思っている自分にとってはとてもありがたい事なのです。その彼女がアクティングコーチとアポをとり、彼女のノートをもとに、そのアクティングコーチと一緒にオーディションピースを仕上げていく。ありがたい。マネージャーに感謝。あと一歩!

Little Boy

2015年、4月24日にアメリカで公開される「Little Boy」という映画にキャストされ、コマンダートウキョウジョーという役を演じさせてもらいました。(まだ、映画を見ていないので、自分の役のシーンが最終の編集の段階で残っているかは確かではありません。)

この映画は、ハリウッド的に映画アートとして第二次世界大戦中のストーリーを描いています。日本人の描写が想像と違うかもしれませんが、悪魔でも映画アートの一環で、役者としてその役を演じさせてもらったとうこうをご了承下さい。