Little Boy, Premiere!

映画、リトルボーイのプレミアに招待され行ってきました。この映画には何人かの日本人、俳優が出演していています。その中の数人と今回、一緒にこのプレミアに参加することができました。自分のシーンはばっさりカットされていたにもかかわらず招待されてとても感謝です。本当、感謝です。プロデューサーの話によるとオリジナルのシーンが過激で、この映画を配給する方向性とあわなかったらしいです。でも、ブルーレイにそのシーンがのるらしいので、ブルーレイがでるのが今から楽しみです。撮影から約、3年半、本音、がっかりしたけど、こういう事も、この業界ではあることなんです。これも厳しい現実です。でも、映画が良い出来だったので良しでしょう!最後の方で自分も涙がうるうると、、、。 製作側と配給側が協力して、映画を完成させて、世に出さなければならない。そこには、いろいろなドラマがあるわけで、それを乗り越え映画は世にでる。そして、一人でも多くの人に見てもらって映画は報われる。 この映画の撮影に携わり、プレミアに参加できたことに感謝します。 それにしても、プレミアは楽しい。楽しかった。これはこれで最高の夜でした。