ニューヨーク 映画の撮影!

オーディションに受かり、今、ニューヨークに映画の撮影で来てます。自分が来てみて感じたのは、ニューヨークは思っていたよりも魅力的な街です。島と島が橋でつながり、フェリーも通っているし、地下鉄は年中無休、24時間使える、眠らない街です。マンハッタンはビジネス、文化、芸術が混ざり合っていて、とても強いエナジーとパワーを感じる街です。周りには、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、ニュージャージーという街に囲まれています。ニューヨークに来るのは初めてなので、土地勘がなく、初めは結構苦労しました。

システムもロスとは違い、車を持っている人が少ないので、送り迎えの車(バン)が、ある特定の駅付近の交差点まで迎えに来ます。そこまでは、タクシーを使ったり、電車を使って行きます。そのバンに役者さんや、クルーの人達が一緒に乗って撮影現場まで向かうシステムです。車を持っている人は車で通勤も可能です。大物の役者さんは送り迎えが付いています。

ボールフィールド2タクシーと電車を頻繁に使うところが東京の生活と少し似ています。前からいつか撮影でニューヨークに行きたいと思っていたので、今回の仕事で思いが叶いました。演技は決まってからが本番なので気を引き締めて頑張っています。この役に最高の命を吹き込めるように、全てを賭けて、全力を尽くし、燃えつきます!