独り言;Old Man and the Sea /老人と海を読んで

友人と一緒に行った新宿の紀伊国屋で手にしたヘミングウェイの「老人と海」、久しぶりにその本を読み返した。最後に読んだのは大学生の頃だったかな。老人が命をかけてカジキと鮫と戦うそんなストーリー。

「かれは年をとっていた」から始まり、「かれはライオンの夢を見ていた。」で終わる物語の中には人生が凝縮されている。年をとった漁師は84日間一匹も釣れない日が続きた。ある日、その年をとった漁師は今まで見たことのない巨大なカジキを針にかける。そしてその巨大なカジキと年をとった漁師の孤独で命懸けの戦いが始まる。その漁師は数日間かけて巨大なカジキを釣りあげる。しかし、その釣りあげたカジキは港に帰る途中で鮫の餌食となる。その漁師は頭を絞り、命懸けで巨大なカジキを守ろうとするが、鮫たちの攻撃に勝てず、その巨大カジキのほとんどは鮫の餌食になってしまった。残ったのは頭と骨と尻尾とだけという無残な姿となってしまった。その年をとった漁師は肉体も精神もボロボロになった。やっとの思いで港に着く。老人は深い眠りにつく。そして、その老人が目を覚ました時、少年に呟く、話し相手がいると言うことはどんなに楽しいことかと。

一生に一度のチャンスを命懸けで戦い手にした大勝利。その命懸けでものにしたものは、自分の力よりも大きな力によって邪魔され、無残にも価値のないものになってしまった。命懸けで一人で戦った後に残ったのは、自分が命懸けで戦った経験と孤独感。こんな似たような状況は人生には多々あると思う。20年以上の年月が経ったあとに読み返して、より作者の心境に近づけたような気がする。

 

 

 

 

 

独り言

独り言;

毎日、自分に勝つことの積み重ね。夢に向かって一つの努力、そして、また一つと、毎日夢に向かって走っている。今日、勝てなくても明日の自分に勝てばいい、疲れたら歩いてもいい、もうダメだと思ったら休んでもいい、呼吸を整え、また走り出せばいい!自分の努力には大きな希望と期待を持とう、努力することが楽しくなる。そして、その向こうには夢が待ち構えている。一つだけしてはいけない選択がある。それは「諦めること!」。夢人は諦めない。諦めることを諦める。

日本で初の撮影!

未解決事件シリーズ

脚本 / NHK スタジオ

日本で初めての撮影に行ってきました。友人、知人のご縁で、この役を演じる機会を頂くことができました。心から感謝です!

役柄は、変わったパーソナリティーの囚人。シーンは1シーン。監督と話した時、フィジカル的な威圧感が欲しいねということになり、自分的にできる限り役作りに挑戦しました。短い期間でしたが、フィジカルな威圧感を出すため、食べる量を増やし、毎日2回ジムに通いトレーニングをし体重は6キロ増やし!どうにか体を一回り大きくすることができました。時間がある時は日焼けをして少し肌を黒くしました。体重を増やすのが意外に大変でした(汗)けど、フィジカル的なアプローチは成功!

ビフォアー アフター

反省点は技術面、新しい課題が出ました。これからも勉強で、練習で、修行です。表現できる場を頂き幸せだったな。監督、プロデューサー、撮影クルーの方々に心から感謝です!ありがとうございました!