こんな時だからこそ自分の時間を大切に

気がまいりそうな情報が飛び交うメディア 現在、世界は今までに経験したことのない非常事態に直面している。情報のほとんどがコロナウイルス一色。日本においても政府もメディアもどうしていいのかわからないっていうのが本音でしょう。しかし、何か策をたてて前に進まなければならない。しかし、会議の繰り返しで、なかなか前に進んでいないのが現実。この自分にさえその政治のぎこちなさがよく伝わってくる。そして今、全国区に広がった緊急事態宣言。これから社会、会社、社員、フリーター、バイト、学生達が厳しい状況に追い詰められていく。この先、多くの人がどう生きるのか考えさせられることになるだろう。だからこそこの状況を逆手にとってこれからの未来のために今、何ができるのか!?今から何をすればいいのかと考えて、行動していくことが大切だと思う。 感染はするな!シンプルなコロナウイルスの予防 手洗いとうがいを頻繁にする。 3つの密を避ける 健康維持 は外から帰って来たら手洗いうがいをする。数時間ごとに手を洗う。ウイルスは口と鼻から感染するから手で顔を触らないようにする。 は右の図を見てください。三密(密集、密室、密接)を避けましょう。基本は自粛、小池都知事も言っていましたがSTAY HOMEです。 は食事や運動や睡眠などです。実際はこの3点を実行することが今の私たちにできること。 現在の問題は? 緊急事態宣言は要請なので強制力は強くない。現在でも東京では多くの人が会社に行くために電車通勤をしている。多くの飲食店が開いている。緊急事態宣言の重大さが多くの中小企業の経営者達に伝わっていない事だ。意識の低い経営者のたちが多いのか?政府の手が行き届いてないのか?それはわからない。しかし、会社にしても飲食店にしてもそこで感染者が出たら非常に大きな問題になってしまうのは確かである。現在でも会社で働いている人たちはリスクを追いながら仕事をしている。自分の命を犠牲にして生きるために働いている。この緊急事態宣言中、私たち、国民の一人一人がこの問題を乗り越えていこうとする強い意志と行動が必要ではないかと思う。 まとめ 厳しい状況でもポジティブに生きる。今、世界の人たちが同じ状況、あるいはもっと最悪な状況に直面している。本当にいつどこで何が起こるかわからない時代。だからこそ時間を大切に自分を大切に悔いの残らない人生にしたい。