今年、一発目のオーディション

昨日は時間が無くオーディションの事についてあまり書けなかったけど、今回のオーディションではちょっと面白い感情が自分を盛り上げてくれました。こんな事もあるんだなって、、、。 今回の映画のオーディションはキャスティングのオフィスでサイズ(オーディション用の脚本)が渡されるとエージェントから言われていたので、自分のコールタイムの時間よりかなり早めに行ってそのサイズをもらい練習をしました。シーンは3シーン、初めのシーンはインプロ(即興)で状況設定だけを説明されて、読み手の人と演技をする。2、3シーン目は脚本に書かれているものを演技するという、ちょっと変化球的なオーディションだった。自分のコールタイムの時間が近くなってきたので、キャスティングのオフィスに戻りオーディションの手続きを済ませると、すぐに自分の名前を呼ばれた。”よし!”と心の中で気合を入れて、キャスティング、アシスタントの後に着いて二階の部屋に入った。キャスティングの人はすごくフレンドリーに自分を迎えてくれた。その後、シーンの状況を説明されて、オーディションが始まった。1シーン目、2シーン目、3シーン目とポン、ポン、ポーンとテンポよく進みオーディションが終わった。キャスティングの人は「よかったよ、ありがとう」と優しくお決まりの台詞を投げかけてくれて、自分も「ありがとうございました」と言い部屋を出た。できる事はやったが、1シーン目がしっくりいかなかったな〜、、、終わった事は仕方ないと思っていた、、、。オーディションの後、”ちょっと一息”と、近くの珈琲ショップに行って珈琲を買って飲んでいた。その時、オーディションの時のフラッシュバックが頭の中を駆け巡った、キャスティングの人が言ったていた言葉とイメージがばんばん入ってきて、自分の描きたいパフォーマンスが明確になった「表現したい、もう一度やりたい!」そして、その感情とイメージをそのまま維持し、キャスティングのオフィスに戻り、駄目もとで事情を説明して、もう一度オーディションを受けさせてもらいたいと頼んだ。アシスタントが、聞いてみると言ってくれた。祈る思いで待っていた、、、アシスタントが二階から降りてきた、、「いいわよ!」思わずガッツポーズでキャスティングの部屋に向かった。キャスティングの人に一言お礼、自分のパフォーマンスをして、感謝のお礼。そして、気持ちよくキャスティングオフィスをあとにする事ができた。 結果はどうなるか分からない、誰にも分からない。でも自分が表現したいものが明確になった時はやるしかないでしょう。やるしか。明確になるモーメント、このモーメントがとても大切なのです。でもこんな事をしたのは、今回が初めてかな、、、オーディションを受けている最中は何度もあるけど、終わってから又、戻って受けるのは、、、やっぱり初めてだよな、、、。こういう事もあるんだんなって、、、とてもいい経験になりました。でも一発目から明確なイメージが欲しいな、、、。頑張ろう!

Acting Class / 充実した演技クラス

最近は英語、演技の勉強の毎日が続いています。ここの部分で自分に勝たないとだめだ!将来はない!と自分に言い聞かせ切磋琢磨しています。地味な戦いです。とことん自分を追いつめ、毎日自分に勝つ事がテーマです。今日もアクティングのクラスを受けてきました。自分の準備していったDavid Mametが書いた舞台からの1ページのモノローグをパフォーマンスとしてやり、いろいろとアクティングコーチからアドバイスを受け、演技し、又、アドバイスを受け、演技しと何回も演技をさせてもらいとてもいいトレーニングになりました。アドバスを受けてから、それを理解し、自分の演技を精神的、肉体的に調節する。自分にとってこの調節する部分がとてもいい勉強になるんです。上手く行かない事も多し、キツいけど、今の自分には楽しい充実した時間です。最近又、英語、演技に対する真剣度が増しました。最高の結果が出せるようにこれかも頑張ります。精神的にカベを一まい突き破った気がします。いい事ですねこれは。夢と共に生きれる事に心から感謝です。 Don’t think you’ve mastered the character just because you got called in. “Actors have to know to be ready on the spot to make some changes.”

今日の演技クラス

今日は英語に演技にと勉強づくしの日でした。:)この前にも書きましたが、今演技のクラスをとっているのですがあまりしっくりいっていませんでした。その後、アクティングコーチとお互いに意見を交わしあいました。その結果、今日のクラスではとてもいいコーチングをしてもらいました。演技をしている時の自分の気づいてないところを指摘され、自分もそのポイントを理解できたのでとてもいいアクティングエクササイズになりました。コーチと話し合ったかいがありました。やはりコミュニケーションは大切ですね。コーチのためではなく、自分のためにやる訳ですからね。自分が納得して練習し、上達することが大切ですからね。自分の真剣さが伝わったのかな、、、。何のために、、、ここをはっきりさせることが自分にとってとても大切なんです。演技もスポーツと似ていて練習しないと駄目なんです。練習しないと頭で分かっていても肉体的についていかないのです。英語だったらなおさら。もう一度ここの基礎をしっかりやろうと思っています。やるしかない!これが私に残されただた一つの道です。一度しかない人生思いっきり生き抜きます!  

変化

自分がいかに新しい事に挑戦していくか?今までやってきた事、努力してきた事に、新しい発想と工夫をどう取り入れていくか?このあたりが大切だと感じ、今それを実行中です。それと共に、自分を内面からオープンにし、学べるものは学ぶ。まだまだ自分の中に凝り固まっているものがたくさんあるのでそれを取り払っていかなければ、、、やる事はたくさんあるが、生き残るためにはやるしかない。

ちょっと考えないとな、、、。

演技力を伸ばすために、今アクティングクラスをとっているのだが、いまいちしっくりこない。自分の英語のアクセントは100も承知であってそのことばかり言われても、、、違う部分で演技力を深めたい訳で、、、その辺のところをコーチと話さないとなとな。アクセントはアクセントコーチから習う訳で、アクティングコーチからはアクティングを習いたいんですよ。もちろん英語のアクセントの練習もがんまりますよ。このカベを敗らないと将来ないからね。 おすすめの映画、「Prisoners」!サスペンススリラーの好きな方へもってこいの映画!Hugh Jackman、Jake Gyllenhaalを始め、いい役者さん達が、重みのある演技をしています。そしてストーリーのツイスト具合が非常にいい。私的にはとても楽しめた映画でした。

Back to acting class

バックトゥー*ザ*アクティングクラス。いい刺激、いい練習になりました。言われた事は英語力、、、頑張るしかない。英語力、演技力向上のチャレンジは続きます。どんどん練習していきます。ここが踏ん張りどころかな、、、。精神にムチを打って、これからも頑張るぞ!

撮影終了

今企画しているプロジェクトのオープニングクレジットの編集をしているのですが、どうしても映像にいまいち納得がいかないので、話し合いの結果撮影をする事になり、昨日、無事に撮影を終える事ができました。協力してくれた仲間達に心から感謝です。今回の撮影はアクション中心の撮影で力のある映像をとるのが主な目的で、すべてに全力を尽くしてきました。撮影、映像は難しい、簡単じゃありませんね!これが素直な意見です。反省、勉強の繰り返しです。しかし、とても楽しい!本当に楽しいのです!それと、今回の撮影中にいいもの(技)を掴めたのが自分にとってとてもいい収穫でした。感覚で斬るのではなく、状況にあわせ、しっかりと的を見て斬る。簡単なようで難し、こんな感覚を掴めたのが嬉しい。描いている映像をとるのは本当に難しい、でもチャレンジしなければ何も始まらない。いいものを作りたい、いい演技をしたい、ただそれだけです。

スケッチコメディー

今日は、ハリウッドにあるコメディアン養成学校、 UCB (Upright Citizens Brigade )がプロデュースしているスケッチコメディーを観てきました。驚いた事に外は行列で、劇場は満員でした。演技に対する情熱が伝わってくるパフォーマンスでした。思いっきり笑ってきました。お気に入りは、ファティーキャト(太っている猫)。これは、見た目も笑えたし、演技も面白かった。かなり太っているアメリカ人の男2人が、ぴちぴちの猫のボディースーツを着て、かわいい声を出してお芝居をするわけですよ。爆笑でした!いいパワーをもらいました。ロスに住んでいる日本人で、アメリカのコメディーが面白くないと思っている人が結構多いんですよね。でも、個人的には、かなりレベルが高いと思っています。私もインプロを1年ぐらい勉強していて思いましたが、本当に面白い人は面白い!いろいろな意味で表現がすごく自由なんですよね、実は、、それなりのベースもしっかりとあるしね。言葉が違い、文化が違い、スタイルの違いといろいろありますが、結構レベル高いですよ。

パターン的

オーディション、、、全力を尽くす、、、役が取れない、、、考える、、、何故だ、、、? 原因を考える、、、ひらめく、、、決意、、、そしてチャレンジの行動。 私の役者人生は、このパターンの繰り返し。今でもそれは続いているし、続けている。そして、このプロセスが自分を成長させているように思える。何故か、決して痛いところから目をそらさないように意識しています。オーディションの結果を時とか運とかで片付けたくないのです。全てひっくるめて自分の実力と思っています。結果を出さないと傷つくのは自分であり、自分の家族である、、、。確かに、20代の頃はいつか自分の時がくると思っていたな、、、(笑)。今は時は来るものではなく、つくっていくものだと信じている。結果が出ない、、、、足りないもがそこに必ずあるんです。必ず、、、。自分はオーディションが来るたびに目の前にチャンスがきているんだよ!といつも思うんです。取れると思うが、取れない、だから悔しい。悔しいから、又頑張れるんです。 今日はトレーニングの後に、読書。今、この本をもう一度読み直している。色々と気づかせてくれる。基本的な演技、オーディションについての本。結果が一日でも早く出せるように頑張るぞ!