Samurai Shoot!

samurai 1-2samurai 4AFIという映画学校がハリウッドにあります。ちまたでは天才で情熱がある人達が集まる学校として知られています。今回は、その学校のプロジェクト、インターナショナルな人達が製作する侍短編映画の撮影に行ってきました。しっかりオーディションもあったし、カメラ、機材もいいのを使ってたし、クルーもしっかりしてました。でもオーディションに受かってよかった、、、。こういう企画でオーディションに落ちると結構、ショックなんだよね。この撮影では、仲間とも再会できたし、とても楽しい現場でした。さて出来上がりがどうなるか、、、?ニューウェイブとなるのか、、、?こればっかりは見てみるまで分かりませんね。

Creative mind

映像を作るのは難しい、反省する点がいくつもあるがこの経験を次にいかそう!映像は自分が描いているものとカメラのモニターに映っているものが違う場合があるが、ある状況で最高の絵を作っていくしかない。このへんの勉強をもっとしなければ。

撮影終了

今企画しているプロジェクトのオープニングクレジットの編集をしているのですが、どうしても映像にいまいち納得がいかないので、話し合いの結果撮影をする事になり、昨日、無事に撮影を終える事ができました。協力してくれた仲間達に心から感謝です。今回の撮影はアクション中心の撮影で力のある映像をとるのが主な目的で、すべてに全力を尽くしてきました。撮影、映像は難しい、簡単じゃありませんね!これが素直な意見です。反省、勉強の繰り返しです。しかし、とても楽しい!本当に楽しいのです!それと、今回の撮影中にいいもの(技)を掴めたのが自分にとってとてもいい収穫でした。感覚で斬るのではなく、状況にあわせ、しっかりと的を見て斬る。簡単なようで難し、こんな感覚を掴めたのが嬉しい。描いている映像をとるのは本当に難しい、でもチャレンジしなければ何も始まらない。いいものを作りたい、いい演技をしたい、ただそれだけです。

Shooting Man from Reno!

59710_606433656051319_678910286_n

Man from Reno! It’s a wrap for me. Time flew so fast. I have a little bit of fulfilment and a little bit of sadness. But I think it’s all good! I had a chance to work with Stars in this movie, Kazuki Kitamura, Ayako Fujitani that was a great experience for me. Thank you to both of them! I was vegetarian for a month and a little bit for this role and did some cool things for my character. I enjoyed building this character and I enjoyed playing this character. I had a wonderful time on set!  I have such appreciation for the Producer, Director and Crew. Thank you very much!!

Man from Reno!私のシーンの撮影終了!サンフランシスコともお別れ、あっという間に過ぎてしまった時間。ちょっとした満足感とちょっとした寂しさが混ざった感情に浸ってます、、、。今回の映画の主役の俳優、北村一輝さん、女優、藤谷文子さんと演技をする事ができて、とてもすばらしい経験となりました。自分の撮影が終わってからも現場で、邪魔にならないように横からモニターを見ながら勉強させてもらいました。撮影後も、食事にも誘っていただき、色々なお話もできてとてもいい思い出となりました。これをいいステッピングストーンとして次のチャンスにいかしていきたいと思います!自分も今回の役作りとして人生初の1ヶ月半のベジタリアン生活に挑戦し、後色々と小さなアイディアを取り入れて役を作っていき、とてもやりがいがあったし、楽しかった。プロデューサー、監督、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!大成功を祈っています!

Going back to San Francisco for Man From Reno

今日は朝からテープオーディションのクリップを作り、トレーニングをし、午後からは、Man From Reno の撮影のため、サンフランシスコに再度旅立ち。前回の撮影の後、あ~こういう事もできたな、、あ~すればよかったのかな、、、などのセカンドソートに襲われた。撮影後はいつもそうだ。土曜日のLAXは結構込んでいた。だんだんとテンションが上がってきました!今回、この映画のこの役が私に舞い降りてきたことに深い意味を感じる。こういうタイプの役どころを演じるのは初めてだし、とても新鮮で素直に嬉しい。又、演技が出来ることに心から感謝。考えてみれば、1年に何回カメラの前で演技ができるんだろう、、、?1年に何回映画の撮影にたずさわる事が出来るのだろう、、その数はそう多くはない。だからこそこの機会がとても大切なのだ。私はこういう世界に生きている。1日の多くは、孤独な自分との戦い。もっともっといい役者にといつも考えている。そして、サンフランシスコについた時、又虹が迎えてくれた。

サンフランシスコ続編/San Francisco 2

先週サンフランシスコに行った時、たくさんの新しい人との出会いがありました。そして衣装合わせの時に初めてお会いしたジョエル。彼は「Man From Reno」のライターの一人です。ちょっとした楽しい一時でした。

撮影 / Shoot

とても楽しく、充実した撮影だった。「その時」に出来る事は全てやった、、、。もうこの日は帰ってこない、、、。途中ドキッとするちょっとしたアクシデントもあったが、無事に初日の撮影を終える事ができた。今回、この映画で自分のメインシーンが撮影初日だったのでかなり意気込んでいました。もう全力投球!今回撮影をしていて、みんなでいいものをクリエイトしているな!という雰囲気を味わえた。これは自分にとってとても嬉しい感覚!一時、ロスに帰り、又来週にサンフランシスコで撮影です。

It was a great frist day of shoot! I did my best whatever I can do to make the best moment for my scene. I felt really good! I am back in LA, and I am going back to San Francisco next week!