Little Boy, Premiere!

Little Boy, Premiere 2

Kosaka Masami 04/14/2015 “Little Boy” Premiere held at the Regal Cinemas L.A. LIVE Stadium 14 in Los Angeles, CA Photo by Kazuki Hirata

映画、リトルボーイのプレミアに招待され行ってきました。この映画には何人かの日本人、俳優が出演していています。その中の数人と今回、一緒にこのプレミアに参加することができました。自分のシーンはばっさりカットされていたにもかかわらず招待されてとても感謝です。本当、感謝です。プロデューサーの話によるとオリジナルのシーンが過激で、この映画を配給する方向性とあわなかったらしいです。でも、ブルーレイにそのシーンがのるらしいので、ブルーレイがでるのが今から楽しみです。撮影から約、3年半、本音、がっかりしたけど、こういう事も、この業界ではあることなんです。これも厳しい現実です。でも、映画が良い出来だったので良しでしょう!最後の方で自分も涙がうるうると、、、。

製作側と配給側が協力して、映画を完成させて、世に出さなければならない。そこには、いろいろなドラマがあるわけで、それを乗り越え映画は世にでる。そして、一人でも多くの人に見てもらって映画は報われる。

Little Boy, Premiere 3

この映画の撮影に携わり、プレミアに参加できたことに感謝します。

Little Boy, Premiere 4

それにしても、プレミアは楽しい。楽しかった。これはこれで最高の夜でした。

Finish Filming! For All Eyes Always

全力投球したインディー映画の撮影、無事終了しました。後味のいい撮影でした。完成が楽しみです。後は、いい映画になるように祈るのみ。どろどろで、血まみれにもなったけど、本当に楽しい撮影だった。みんな、いい人ばかりで、若い情熱がむなぎっていて、役者さん達も気合入っていたし、又、人生の中でいい経験が一つ増えました。心から感謝です。1900037_724557937600003_3366058567137703392_n-1

The Premiere of Man from Reno!!!

Man from Reno Group shot The premiere of Man from Reno!  Everybody was arriving at the premiere.  A nice group shot!with producer 2

「リノから来た男」のプレミアに行ってきました!一言で言って最高でした!何故か、、、?映画の出来がすばらしかったからです!嬉しい驚き!監督、デイブがいい仕事をしました!会場も超満員で、帰らされたお客さんも出たとか、、、、!見れなかった人ごめんなさい。それと、撮影以来、会っていなかった仲間と又、再会できました。man from reno interview

妻と一緒にプレミアの会場についてからは、仲間達と挨拶を交わし、with my wifeたわいもない世間話をし、一緒に写真を撮ったりと、楽しい時間を過ごし、ちょっと子供になった気分でした。でも正直、少しナーバスでした。映画がどうなっているかは見てみないとわかりませんからね、、、。まあ〜それからプレス用の写真撮影と、インタビューをしたという感じでした。man from reno premiere

映画を見終わって、「あ〜この仕事して良かったな」と思えた自分がいました。映画もすごく良かった。この映画のスター、ぺぺ、藤谷文子さん、北村一輝さん、の演技もすばらしかったし、脇役の役者もいい仕事してました。それと、完成された映画を見終わった後のみんなの充実した笑顔がとても印象的でした。いいスタッフといい役者が協力すればいいものが撮れるんだなと思わされました。

実は、映画祭に選ばれるって難しい事なんです。特に、インディー映画を作る、監督、プロデューサーなら誰でも映画際に入選させて、映画の価値を上げたいと思っています。メジャーな映画祭になればなるほど競争率も高くなるので、入選するのは難しいのです。LA Film Festivalは、ここカリフォルニアでは、とてもメジャーな映画際なので、そんな映画際に選ばれたという事実は、監督、プロデューサー、スタッフ、そして、役者さん達にとって最高に名誉な事なんです。すべてのハードワークが実った瞬間ですかね、、、。本当、みんなに心からおめでとうですね!!!そして、ありがとう!この機会に心から感謝です。そして、又前進です。

この「リノから来た男」が日本に上陸した時は、よろしくお願いします!!!

 

Booked a role /オーディション受かりました!

今日、エージェントからの嬉しいニュースがありました。最近、オーディションの小さな波が来ていて、とうとうその小波に乗る事ができました!そして、ハリウッド、インディー映画のオーディションに受かりました〜!:)撮影はもうすぐです。やっぱり受かると気分がいい!結果が出たことが嬉しい!全力で頑張ります。だからといってうかうかしていられません。本番の撮影に向けての準備、そして、撮影後にあるテレビドラマのオーディションの準備もあります。どちらも全力で取り組んでいきます。本番でいい演技ができなければ意味がありませんからね。もっともっとでかい波に乗れるようにオーディションも頑張らないと!この機会に感謝です!

Today, I got good news from my agent that I booked a role for a feature film! Yes! I am Happy to see the result. Right now, this is very exciting to me and I can’t wait for filming. I have such appreciation for this opportunity and I will do my best!

Acting Class / 充実した演技クラス

最近は英語、演技の勉強の毎日が続いています。ここの部分で自分に勝たないとだめだ!将来はない!と自分に言い聞かせ切磋琢磨しています。地味な戦いです。とことん自分を追いつめ、毎日自分に勝つ事がテーマです。今日もアクティングのクラスを受けてきました。自分の準備していったDavid Mametが書いた舞台からの1ページのモノローグをパフォーマンスとしてやり、いろいろとアクティングコーチからアドバイスを受け、演技し、又、アドバイスを受け、演技しと何回も演技をさせてもらいとてもいいトレーニングになりました。アドバスを受けてから、それを理解し、自分の演技を精神的、肉体的に調節する。自分にとってこの調節する部分がとてもいい勉強になるんです。上手く行かない事も多し、キツいけど、今の自分には楽しい充実した時間です。最近又、英語、演技に対する真剣度が増しました。最高の結果が出せるようにこれかも頑張ります。精神的にカベを一まい突き破った気がします。いい事ですねこれは。夢と共に生きれる事に心から感謝です。

Don’t think you’ve mastered the character just because you got called in. “Actors have to know to be ready on the spot to make some changes.”

今日の演技クラス

今日は英語に演技にと勉強づくしの日でした。:)この前にも書きましたが、今演技のクラスをとっているのですがあまりしっくりいっていませんでした。その後、アクティングコーチとお互いに意見を交わしあいました。その結果、今日のクラスではとてもいいコーチングをしてもらいました。演技をしている時の自分の気づいてないところを指摘され、自分もそのポイントを理解できたのでとてもいいアクティングエクササイズになりました。コーチと話し合ったかいがありました。やはりコミュニケーションは大切ですね。コーチのためではなく、自分のためにやる訳ですからね。自分が納得して練習し、上達することが大切ですからね。自分の真剣さが伝わったのかな、、、。何のために、、、ここをはっきりさせることが自分にとってとても大切なんです。演技もスポーツと似ていて練習しないと駄目なんです。練習しないと頭で分かっていても肉体的についていかないのです。英語だったらなおさら。もう一度ここの基礎をしっかりやろうと思っています。やるしかない!これが私に残されただた一つの道です。一度しかない人生思いっきり生き抜きます!

 

ちょっとした出会い

今日もオーディションに行ってきました、とてもありがたいことです。会場までの運転時間往復約2時間(渋滞)、オーディション、10分。この10分に全力を尽くしてきました。この10分が大切なんです。そのオーディションの帰りにウエストハリウッドにあるお気に入りのカフェに立寄り珈琲を買っていた時、、偶然に何度か撮影現場で会った事のある役者さん、Barry Shabaka Henley が後ろに並んだのです。そして思わず「あっ」という声が出てしまいこそからチョットした会話が始まった。知っている人は少ないかもしれませんが彼は私が好きなとてもいい役者さんです。彼はオーディションの帰りだと言っていた。考えた事は同じ、、、オーディションの後の一息、、、?。そして最近、いろいろと模索している自分が彼にした質問は「役者として生きていくために大切なことは?」だった。彼は迷わず「Perseverance, you know, there are more obstacles than opportunity」と言った。迷いのない説得力、経験力のある言葉だった。その彼の言葉を聞いて自分はとても励まされた。彼にお礼の言葉を言った、そしたら熱い握手をかわしてくれた。いいモーメントだった〜。自分も何か自分の居場所を再確認できた気がした。とても意味のあるちょっとした出会い、、何か不思議な一時。でもすごいパワーをもらいました。この機会に心から感謝です!