気づき

前回のオーディションの波が来た時に全敗をしてから、結果を出せないことへの悔しさに悩まされていました。過去はどうあがいても変えられない、現在と未来にフォーカスをあてて生きるんだと頭ではわかっていても、どうしても何故だ、何故だ?の連続が続きました。空いている時間に演技の練習を重ねるとこでしか気持ちを紛らわせない自分がいました。そうしているうちに、ちょっとした気づきがありました。それは, モーメントにファーカスし、モーメントに生きると言う事です。この連続の繰り返しがどれだけ大切かと言う事です。ネガティブな自分が現れると、モーメントにフォーカスをするんだと自分が自分のマインドをガイドあるいはシフトすると言う事なんです。このモーメントをポジティブに生きるのか?ネガティブに生きるのか?それが未来につながると言う事です。自分のゴールに向かって、目標に向かって、このモーメントに精神的にも、肉体的にも今、自分に出来る事、今、自分に出来る精一杯の努力をすると言う事です。過去や、自分の弱さや、他人の意見にいつも流されるのではなく、これが自分の生きる道だと、自分のゴールをまっすぐに見つめ突き進む姿勢。わかっているけど、出来ない、変えられないというのが自分(人間)の弱さだけれども、そこの所を勉強すればその弱さが強さに変わると信じている。 おまけ、先週もオーディションの波が来て、インディペンデントの映画ですが1勝することができました。9月に撮影です。頑張ります。

グッドニュース / Good News

グッドニュース!2日前に話をしていた仕事の話が決まった。今話題の人気ハリウッド映画の仕事。以前仕事を頂いた声のキャスティングディレクターからの話であった。今年に入ってから初仕事!2月の終わりに声の収録をあるスタジオでおこなうことになった。心から感謝。 訪れたチャンスに全力を尽くすとう姿勢がとても大切なんだなと再度実感。特に役者としてまだまだの私には、この世界でチャンスが巡り回ってくる比率が少ないので、実際の仕事にしろ、オーディションにしろ1つ1つのチャンスがとても重要だなと感じざるを得なくなるし、本当に、とても重要なのです。そういうプレッシャーを自分に賭けて勝負していくとう姿勢をいつも心がけています。これは私にとってとても大切なことです。特にこの世界ではリジェクション(オーディションに受からない事)が多いいし、こういう姿勢を維持していくのはとても疲れるし、精神的にも大変です。大変で難しいからこそ、そこに勝負し続ける意味があるし、成長できると私は思っています。負けても、そこから学ぶ事もたくさんあります。そして、勝つためにも(結果を出すためにも)、真剣に勝負しなければ自分が勝った負けたなど知る余地もありません。私がここでいう言う勝つというのはチャンスが来た時にどれだけ自分が勝つ準備をしていたか?そして、そのチャンスに全力を尽くしたか?という事です。簡単に言えば、自分に勝つか負けるか、大げさに言えば死ぬか生きるか。そう生き続けるからこそチャンスが来た時に楽しめる自分ができていくし、結果も出てくるのだと思う。