これからの映像の世界

Covic-19で打撃を受けた映像の世界はこれからどのようになって行くのか? 結論。さらにデジタル化とオンライン化が進むだろう。かなり前から開発されていたテクノロジーが急ピッチで開発されてくるだろう。 アメリカにいた頃、Windowsのホログラフィックのコマーシャルをやった時の事を思い出した。ゴークルをかけて自分を3Dスキャンすると3Dの自分を世界のどこへでも送れるといった発想のコマーシャルだった。そのコマーシャルを見たい方はCommercial / Linkのページに乗っています。Windows Holographicをクリックして下さい。 もちろんハリウッド映画もそうだ。人類を滅亡させかねないウイルス、サイファイ、AIを題材にした映画はたくさんある。私たちの生活、ビジネスはテクノロジーベースで進んでいる。 だからと言ってデジタル化、AI化を恐れることは全くない。わかりやすく言えば、アナログが減り、色々なものがAI化、デジタル化されていくことだ。私たちは開発者たちが発明した便利な商品を使っていくだけだ。現在でも多くの人達がスマホを使っているように。 このCovic-19の影響で映像の世界も色々と形が変わって行くでしょう。