Filming / 撮影

今週、2日間の撮影が無事終わりました。最後は衝撃的なシーンで終わったので、いまだに興奮冷めやまずにいます。役者さん達もクルーも皆いい人達でよかった〜。働きやすいし。監督のロブはこのインディー映画で監督デビュー。素朴な彼の一生懸命さをセットで感じ、その思いに答えたいと思った。監督、プロデューサーを含めたクルーの年齢層が若く、発想がとてもユニークなので、どんな感じになるのかな〜、、、って部分もあって、作品の完成が楽しみです。主役の役者さん達の情熱と気合をバンバン感じて、いい感じで刺激を受け、演技しやすかった!来週にもう一日撮影が残っているので最高の仕事が出来るように準備します。やっぱ撮影は楽しい!

Dango Samurai Episode 1-The Journey Begins

Dango Samurai Episode 1 – The Journey Begins is now on YouTube.  Please check it out when you have a chance.  Thank you very much! だんご侍、第一話が完成しました。YouTubeでご覧に慣れますので、お時間のある時に見て下さい。よろしくお願いします!

Wiener Dog Internationals Trailer

I am in this trailer. Check it out when you have a chance!  It is a cute movie. Thank you! かわいい映画の予告編に出して頂きました。良かったら見て下さい!

Start filming!

I am so excited. I will be filming from this week for a new movie. Let see how it goes! 今日から新しい映画の撮影が始まります。とても楽しみです。全力でいくぞっと!

逃した獲物は大きかった、、、

先週まで続いたオーディションのラッシュ。後一歩という所までの役は幾つかあったが、それがなんでしょ?取らなかったら意味がないでしょ!本当に悔しいというか、腹がたつというか、、、いくら頑張っても、努力しても結果を出せなかったら意味がない。欲しいものは結果、そのために日々頑張っているわけであって、全力をだして勝てない現実には、いつになっても慣れない。逃した獲物は大きかった、、、こういう仕事をしないと駄目なんだな、取りたいのはこういう役なんだな〜。でも、この悔しさが自分を成長させてくれているわけで、、、もし結果が簡単に出ていたらここまで自分をプッシュしていないだろうなと思う。もっと弾ける、爆発的で、フリーなものを表現しないとな駄目だな、何かがそう囁いている。もっともっと頑張ろう。

仲間と一緒に!/ Team Man from Reno, As One

LA Film Festivalにおいて”Man From Reno”が最優秀作品というグランプリに輝いてから、数日後、ロスにあるロスフィレスという街のレストランで、この勝利を祝い、監督、プロデューサー、ライター、役者達が集まった。なんて言うんだろう、、、充実感と達成感、お互いがお互いの仕事を讃えあい、喜びに満ちた空間、、、。予想もしていなかったグランプリ。言葉ではなかなか言い表せない最高の時間をみんなと過ごせ、最高の思い出となりました。1000本以上の映画がサブミッションされた中でのグランプリですからね。こういう結果が出ると最高に嬉しいんです。感謝、感謝です。 私もこの作品には、自分なりの挑戦がありました。その挑戦は、オーディションに受かってからの役作りです。自分にしかわからない事ですが、1ヶ月近い草食の生活、8キロ減量、入墨(テンポラリー)、タバコ、など他色々。別に脚本に書いてあったわけでもなく、監督から言われたわけでもなく、ただ肉体的に及ぼす役作りを自分がやってみたかったんです。自分の役は脇役ですが、LA Film Festivalでこの「リノから来た男」がグランプリに輝き、最高の結果が出た事が本当に嬉しいし、監督、プロデューサー、ライター、役者の仲間に感謝の気持ちで一杯です。改めて、ありがとう、そして心からおめでとうございます!

We Won THE BEST NARRATIVE FEATURE!!! Los Angeles Film Festival!

We “Man From Reno” WON!! the top prizes (for Best Narrative Feature) at the closing night of the Los Angels Film Festival!!!! Congratulations to Dave Boyle and everyone involved! Man From Reno WON the Narrative Jury Prize at Los Angeles Film Festival! 『Man from Reno』がロスアンゼルス映画祭で最優秀賞を受賞しました。グランプリ獲得です!! 監督、デイブ、そしてこの映画にたずさわった全ての人に心からおめでとうです!!!!勝利の気分は最高ですね! http://www.hollywoodreporter.com/news/laff-dave-boyles-man-reno-713527 http://variety.com/2014/film/news/man-from-reno-debra-graniks-stray-dog-wins-l-a-film-festival-awards-complete-list-1201224311/

The Premiere of Man from Reno!!!

 The premiere of Man from Reno!  Everybody was arriving at the premiere.  A nice group shot! 「リノから来た男」のプレミアに行ってきました!一言で言って最高でした!何故か、、、?映画の出来がすばらしかったからです!嬉しい驚き!監督、デイブがいい仕事をしました!会場も超満員で、帰らされたお客さんも出たとか、、、、!見れなかった人ごめんなさい。それと、撮影以来、会っていなかった仲間と又、再会できました。 妻と一緒にプレミアの会場についてからは、仲間達と挨拶を交わし、たわいもない世間話をし、一緒に写真を撮ったりと、楽しい時間を過ごし、ちょっと子供になった気分でした。でも正直、少しナーバスでした。映画がどうなっているかは見てみないとわかりませんからね、、、。まあ〜それからプレス用の写真撮影と、インタビューをしたという感じでした。 映画を見終わって、「あ〜この仕事して良かったな」と思えた自分がいました。映画もすごく良かった。この映画のスター、ぺぺ、藤谷文子さん、北村一輝さん、の演技もすばらしかったし、脇役の役者もいい仕事してました。それと、完成された映画を見終わった後のみんなの充実した笑顔がとても印象的でした。いいスタッフといい役者が協力すればいいものが撮れるんだなと思わされました。 実は、映画祭に選ばれるって難しい事なんです。特に、インディー映画を作る、監督、プロデューサーなら誰でも映画際に入選させて、映画の価値を上げたいと思っています。メジャーな映画祭になればなるほど競争率も高くなるので、入選するのは難しいのです。LA Film Festivalは、ここカリフォルニアでは、とてもメジャーな映画際なので、そんな映画際に選ばれたという事実は、監督、プロデューサー、スタッフ、そして、役者さん達にとって最高に名誉な事なんです。すべてのハードワークが実った瞬間ですかね、、、。本当、みんなに心からおめでとうですね!!!そして、ありがとう!この機会に心から感謝です。そして、又前進です。 この「リノから来た男」が日本に上陸した時は、よろしくお願いします!!!  

いい風向き

嬉しい風向き、昨日のテレビのオーディションに続き、明日も映画のオーディションがエージェンシーから入った。今そのために勉強中。限られた時間で自分の最善を尽くす。この嬉しいチャンスに感謝!