imagination

“The fantasy of the daydream is the most personal, most secret of the acting values.”        by Meisner

ある本を読んでいる時にこの言葉が胸に止まった。いい言葉だな、、、。どんなシーンも自分のオリジナルにかえられる技術。準備の大切さ、想像力の大切さを感じさせるな。自分もオーディションを受けていて思う事は、限られた時間で、どれだけ、どこまで準備でき、違い(らしさ)を出すか?自分のワールドを作り、自分のチョイスをして、恐れず表現する。こういうところを意識している。

記録として残しておきたい1日

4/23/15。大事な一日が終わった。今の自分にとって、とても意味深き時。近くて大きなチャンスが目の前にある。どうしても結果を出したい。この役をとって演じたい。そう思い望んだオーディション。

ハリウッドにあるオーディションが行われるオフィスを訪ねていくと、そのドアには鍵がかかっていた、、、ちょっと早かったかな、、、コールタイムよりも20分ほど早かった。ちょっと待ってみよう、、、台詞の練習を始めた、、、13分待っても誰も来ない、、、。おかしいなと思いドアを3回、ノックした。そしたら、中から、そのドアが開いた。白人の女性が笑顔で出迎えてくれた。ちょっとホッとした。良かった。場所があってて、、、。

中に入るとガラッとした空間が広がっていた。ドアを明けてくれた女性が、「ちょっと待っててね。」と言って違う部屋に入っていった。役者のサインシートがない、、、他の役者も見当たらない、、、俺だけか、、、?彼女がその部屋から出てきて、「5分ぐらい待ってくれる。何か飲み物かいる」と優しく対応してくれた。集中力を切らしたくなかったので、ノーサンキューと断った。自分の持っていたバックを部屋に置いてあった椅子の上に置いて、オーディションの準備にとりかかった。この3度目となるオーディションに来るまで、長い道のりだった。今、このオーディションがどれほど重要なものかは自分が痛いほど分かっている。ここ数年、後、一歩というところで苦しんでいる自分。オーディションは3シーン、合計、12ページ。「今日で決まるな、、、今日で決めよう!今日こそは!でも気負うな、リラックスだぞ。あせるな。」とそんな事を心の中で呟く。高鳴る鼓動を心の中に沈める、、、。演技もスポーツと似ていて変に力むといいものが出てこない。だからオーディションでは、集中する事と、リラックスする事をいつも意識している。

時がきた、、、。

オーディションをする部屋に入るとカメラ一台、白人男性の脚本家と、もう一人、白人女性と、計2人が部屋の中にいた。自分の読み相手はその脚本家。「準備はいい?もう少し時間あげようか?」と言われたが、「大丈夫、やりましょう!」と答えた。彼が「何か質問は?」と言ってきたが、自分は「いいえ。」と返した。遠慮はせず全てを出し切ろう!もう一度シーンを頭の中に回想させる、、、。

お互いに、目で合図。オーディションが始まった。最初は自分が表現したいものをシーンごとに演じて見せた。しかし、彼から、違った視点からのアプローチで演技をしてくれと言われた。あーしてくれ、こーしてくれと細かい指示も受けた。自分も何回か失敗したが、失敗はつきもの、そんな事を恐れてはいられない!今、最高のものを出すのみ。この瞬間にしかできない生で極上の演技をするのみ!全ての意識はそこに向かっていた。そこから40分近く真剣な演技のやり取りが続いた。シーン終了、、、。2人の間に流れる空気が心地よかった。

今、出せる力は全て出した。ベストは尽くした、、、充実感。又、今日というチャンスが終わった。後は演技の神様に祈る。

Audition

あるテレビショウでビデオオーディションによるコールバック。

今のマネージャーにはとても感謝している。特にビデオオーディションの時は、彼女の意見を正直に言ってくれるのでとても嬉しい。自分のビデオを見てここがよくない、ここが弱いなどストレートに意見を言ってくれる。彼女の真剣さが伝わってくる。真剣に役をとりたいと思っている自分にとってはとてもありがたい事なのです。その彼女がアクティングコーチとアポをとり、彼女のノートをもとに、そのアクティングコーチと一緒にオーディションピースを仕上げていく。ありがたい。マネージャーに感謝。あと一歩!

2度目のコールバック

ある映画のコールバックがまたくるとは、、、。思ってもいなかった二度目のコールバックの連絡がエージェントから入った。空いている時間で送られてきた脚本を全部読み終えた。英語を読むのが遅いので、時間はかかったが、次のコールバックに望むために、まずは読まないとね。こういうチャンスは滅多に来ないからな。こんなに美味しいジューシーな役は、、、。自分の仕事をしっかりしよう。生ききろう、すべてを賭けて、すべてを出し切ってこよう。

振り返って

訪れたオーディションの波。3つのオーディションを最近、受けてきた。寝れない夜が続いた。一つ、一つのオーディションに全力を尽くした。心地いい充実感。後は結果がどう出るか、、、。改めて思うが、過酷な世界だ、受かるのはただ一人、、、。受かる人には理由があるし、受からない人にも理由がある。受からない事の方がほとんどだし、受かっても其の仕事が永遠に続かない。終われば、又、オーディション。この繰り返し。オーディションで結果を出し続けていかなければいけない、これがここハリウッドでの基本的な役者の道だと思っています。だから、自分は一生懸命練習するんです。落ちるたびに心に傷をつけながら、命をすり削って、これでもかと練習するんです。ある一線を越える事が出来れば、その役は自分のところには下りてくると信じている。今、自分が意識していることは受かる理由をどれだけ多くつくっていくか、付け加えていくか、積み上げていけるか。そしてオーディションが来たら、そこで生に弾ける!!

ここ最近

ビッグオーディションが続き忙しい週でした。最後のオーディションは満足のいくオーディションが出来た、なんとも言えない充実感。こういうオーディションを常に心がけたいな。結果がついてくればなおさら嬉しいな。結果よ出ろ!!

いろんな事がぐちゃぐちゃしているが、ここをどうにか踏ん張りたい。全ては自分、前進あるのみですね。

Never Give Up!

諦めない精神:                               十年以上もオーディションに落ち続けているといろいろと考えさせられるし、その経験によっていろいろと成長させてもらった。オーディションは運だよと言えば一言で終わってしまう。もちろん運は勝敗を左右する大切な要因!しかし、自分が落ちる理由はどこかに必ずあると思う、それが自分とは直接関連していなくても、、、。落ち続ければ知らないうちに負け癖が自分の精神にこびり付いてくる。本能的に自分を守り、言い訳をする。イジケて、腐って、物事を知ったような口調を並べて言い訳をする。そんな事やってもだめだよ、、、そんなの無駄だよとか、、そして、そんな自分に耐えられなくなり諦めるか、違う道にそれる。

それとは反対に受かる時は、その受かる理由がある。勝つ理由がそこに必ずあると思う。それが自分と直接関連していなくても、、、。受かる事が続けば知らないうちに勝ち癖が自分の精神に宿る。勝つ喜びを学び、味わい、より魅力的な人間になっていく。私はこの勝ち癖を自分の精神に宿していきたい。勝って勝って勝ち抜いていきたい!

勝ち癖をつけるには、、、?                           *復習的な攻撃:負けの理由を1つ1つできる限り明確に探り出し、その理由1つ1つをひっくり返す努力をする!言葉で表現すると簡単だがかなりの精神力と忍耐力が必要だと思う。                               *予習的な攻撃:未来の理想の自分を想像し、そうなるためにはこれから何をする必要があるのかという課題を1つ1つできるだけ明確にあげていく。そして上がってきた課題1つ1つに向かって努力する。私も毎日このプロセスに挑戦している真っ最中!