振り返って

訪れたオーディションの波。3つのオーディションを最近、受けてきた。寝れない夜が続いた。一つ、一つのオーディションに全力を尽くした。心地いい充実感。後は結果がどう出るか、、、。改めて思うが、過酷な世界だ、受かるのはただ一人、、、。受かる人には理由があるし、受からない人にも理由がある。受からない事の方がほとんどだし、受かっても其の仕事が永遠に続かない。終われば、又、オーディション。この繰り返し。オーディションで結果を出し続けていかなければいけない、これがここハリウッドでの基本的な役者の道だと思っています。だから、自分は一生懸命練習するんです。落ちるたびに心に傷をつけながら、命をすり削って、これでもかと練習するんです。ある一線を越える事が出来れば、その役は自分のところには下りてくると信じている。今、自分が意識していることは受かる理由をどれだけ多くつくっていくか、付け加えていくか、積み上げていけるか。そしてオーディションが来たら、そこで生に弾ける!!

去年を振り返って。

Dango samurai with Zen明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!

最高の年明けをした2014年が、怒濤のごとく終わった。思いかえせば悔しい思いばかりだった。後、もう一歩、、、なんでここで、、、と勝利の女神に恵まれない年だった。でも、くじけまいと必死に戦った年だった。去年の年末も忙しさのあまり、自分の書く時間さえなかなか取れなかったが、今、こうして、去年を振り返っている。

「結果が出ないから、もっと頑張る」これを去年、自分に言い聞かせてきた。「いつか分かってくれる人があらわれる」を期待するのではなく、「人がわかる実力をつける!」自分作りに挑戦してきた。この挑戦はこれからも続く、ずーと続く。結果は正直で嘘はつかない。残酷にも自分の目の前に現れてくる。去年も自分の目標達成のため与えられたチャンスには全力を注いだ。自分の実力を伸ばすため、状況がどうであろうと、誰がどう言おうと、言った事は実行してきた。やるしかない!そう思っていた。しかし、現実は厳しかった。やらなければ何も分からないし、最高の結果はすぐには出てくれない。結果を出したくても、出せない。悔しいけどこれが現実だった。

しかし、自分は諦めない、今年もその挑戦を断固として続ける!このカベは厚いかもしれない。しかし、このカベを越える、このカベをぶち壊す!そう決意している。負けてたまるか!やるしかない!やるしかないんだ!これが今の自分の答えだ!2015年が最高の年になるように今年も全力を尽くす!

気づき

前回のオーディションの波が来た時に全敗をしてから、結果を出せないことへの悔しさに悩まされていました。過去はどうあがいても変えられない、現在と未来にフォーカスをあてて生きるんだと頭ではわかっていても、どうしても何故だ、何故だ?の連続が続きました。空いている時間に演技の練習を重ねるとこでしか気持ちを紛らわせない自分がいました。そうしているうちに、ちょっとした気づきがありました。それは, モーメントにファーカスし、モーメントに生きると言う事です。この連続の繰り返しがどれだけ大切かと言う事です。ネガティブな自分が現れると、モーメントにフォーカスをするんだと自分が自分のマインドをガイドあるいはシフトすると言う事なんです。このモーメントをポジティブに生きるのか?ネガティブに生きるのか?それが未来につながると言う事です。自分のゴールに向かって、目標に向かって、このモーメントに精神的にも、肉体的にも今、自分に出来る事、今、自分に出来る精一杯の努力をすると言う事です。過去や、自分の弱さや、他人の意見にいつも流されるのではなく、これが自分の生きる道だと、自分のゴールをまっすぐに見つめ突き進む姿勢。わかっているけど、出来ない、変えられないというのが自分(人間)の弱さだけれども、そこの所を勉強すればその弱さが強さに変わると信じている。

おまけ、先週もオーディションの波が来て、インディペンデントの映画ですが1勝することができました。9月に撮影です。頑張ります。

オーディションの波

最近、オーディション続きでいい流れが続いています。最後に行ったオーディションは日本人の科学者、何人もの顔見知りの役者さん達も来ていました。いったこの役は誰の手に、、、勝利の女神が誰に笑むのか、、、。

ロスにいる日本人の役者さんなら誰でもやりたいと思わせる刺激が満載のこのテレビドラマ。

実はこのオーディション、エージェントから連絡をもらったのが、午前11時でオーディションのコールタイムはその日の午後2時。こういう事がよくあるんですよね、このラッシュコールが、、、。でも台詞が日本語で良かった!!台詞も英語から日本語に訳し、限られた時間で台詞を勉強し、できる限りの準備をしてオーディションに挑みました。結果、納得のいくオーディションができました!それなので悔いはなし!今回は、ゾーンにどっぽりつかり、演技を満喫できたのが嬉しい!かと言って役が取れるかは別の話、後は天に勝利を祈り、又次のチャンスに向けて精進です。

ロケーションと嬉しいニュース

Dango Location 3オーディションの厳しさを再痛感し、悔しい思いをした。本番の空間で生まれるリズム、タイミング、最後終わるまでの集中力、英語の強化。そのへんが反省点。その後は、今、進行中のプロジェクトのロケーションハンティングで疲れぎみだけど珈琲を片手にちょっとドライブ。この場所にはプライベートで何回か来た事があっていい場所だな〜と

dango location

思っていました。着いてからは、日焼け止め、虫除けを体中につけて、イメージにあう場所を探し求めて歩き回りました。ロケーションはとても大切なので慎重に選んで行きたと思う。でもここはかなり良かったな〜、イメージも湧いてくるし一安心、いい感じで撮影ができそうです。

そんな事をしている時に、エージェントから電話が、、、コマーシャルの再契約の話よ!と嬉しいニュースが!。:)予想もしていなかった福運が舞い込んできました。これは純粋にラッキー!心から感謝です。