私の人生の第2章がもうすぐ幕を閉じます

私の人生の第2章がもうすぐ幕を閉じます。心を入れ替えた2002年、人生、演技を真剣に考えるようになり、そしてこのハリウッドで自分の夢を叶えるために、崖っぷち人生を、13年間ひたすら走り続けてきました。 毎日、毎日、時間の許す限り、心の浄化、演技の技術、そして結果を出す事にフォーカスをあて情熱を燃やしてきました。自分との戦いでした。様々な事を犠牲にして、夢のために走り続けてきました。自分にしかわからない葛藤があり、戦いがありました、、、。遊んでいる暇などなかったし、、、遊ぶという感覚が自然と無くなったというか、興味がなくなりました、、5年間、お酒もセックスもない生活を経験しました。息抜きと言えば気の合う友と珈琲を飲んで、語り合う事でした。結婚してからは妻と時間を共にするのも息抜きとなりました。友と夢について語り合う事が自分にエネルギーを与えてくれました。 ま〜いろいろと模索するなか、この世界はあまいものではないと気づいた自分がいました。どうにかなると適当にやっていたら適当な結果しか出ないんだと気づきました。死ぬ気でやらなければ駄目だなと、、、、。それから全てのチャンスに全力投球してきました。精一杯努力して全力を尽くしたオーディションに何百回も落ちました、、、何度も失敗をしました、恥をかきました、自分のあまさを知りました、、、心が切り裂けました、、、自分の実力を知りました、、、何度も大きなチャンスを逃しました、、、とことん落ち込みました。そこからが又、新しい挑戦であり、始まりでした。何をすべきなのか?!負けてたまるか! そん事を繰り返し、少しずつ少しずつ演技の経験をさせてもらう機会に巡り会ってきました。そして、現在を迎えています。2013年もそろそろ終わります。まだまだ満足はしていません。最高の結果!を出すまでは日本に帰らないと思っていましたが、いろいろと考えた結果、今年の年末から来年の年始にかけて一時、日本に帰る事に決めました。実に13年ぶりの日本です。本当にいろいろあったこの13年間でした。この機会を期に私の人生の第2章の幕が閉じます。新たな決意と自分の夢と共に、これからも走りまくり、戦い続けます!

ちょっとした出会い

今日もオーディションに行ってきました、とてもありがたいことです。会場までの運転時間往復約2時間(渋滞)、オーディション、10分。この10分に全力を尽くしてきました。この10分が大切なんです。そのオーディションの帰りにウエストハリウッドにあるお気に入りのカフェに立寄り珈琲を買っていた時、、偶然に何度か撮影現場で会った事のある役者さん、Barry Shabaka Henley が後ろに並んだのです。そして思わず「あっ」という声が出てしまいこそからチョットした会話が始まった。知っている人は少ないかもしれませんが彼は私が好きなとてもいい役者さんです。彼はオーディションの帰りだと言っていた。考えた事は同じ、、、オーディションの後の一息、、、?。そして最近、いろいろと模索している自分が彼にした質問は「役者として生きていくために大切なことは?」だった。彼は迷わず「Perseverance, you know, there are more obstacles than opportunity」と言った。迷いのない説得力、経験力のある言葉だった。その彼の言葉を聞いて自分はとても励まされた。彼にお礼の言葉を言った、そしたら熱い握手をかわしてくれた。いいモーメントだった〜。自分も何か自分の居場所を再確認できた気がした。とても意味のあるちょっとした出会い、、何か不思議な一時。でもすごいパワーをもらいました。この機会に心から感謝です!

編集 / Editing

I edited my demo reel with my friend today to make it short.  It was 4 min 55 sec and made it 3 min 51 sec and It is still too long.  2 min 30 sec is ideal.  Maybe, I need to separate my scenes in the future. Thanks to my friend and I have…

Today

I had a great day.  There is bad time and good time in life, important thing is to keep moving forward no matter what.