New Start!

今年も後わずか、今年はあまりにも恵まれない年だったので、来年に向けて軌道修正。まずは、今までお世話になったマネージャとバイバイしました。契約してから何かしっくり来ないものがあったので、今回は思いきってバイバイです。役者の仕事ってとても繊細な部分もあるので、自分にとっては、エネルギー的、ケミストリー的なものもとても大切なんです。理想的には、エージェントとマネジャーは自分の追い風的なものであってもらいたいんです。そして、昨日、ハリウッドの古株のマネージメントカンパニーとインタビューをしてきて、その場で一緒にやっていくことが決まりました。これから又、来年に向かって新しいスタートです。前へ、前進、前進、、、。

For all eyes always

次に出演する映画のフェイスブックページが出来ました。もし良ければ「いいね!」のサポートよろしくお願いします!

Here is For All Eyes Always facebook page! Please check it out and like it to support us! Thank you very much!

https://www.facebook.com/foralleyesalways

Accent for Actor

I have been having difficult time When I speak English for an audition for long time since 2002. Accent is always issue…I realized that I just cannot get by with my accent , if I really want to be an actor here in Hollywood.  So, I decided to study. Now I still have been studying English for acting. It is daily challenge. More I take an audition, more I feel the importance of studying English.

Here is an accent tip from the casting director, Catherine Stroud.

これは、私の妻がキャスティングディレクターのキャサリンにインタビューをした時、そのついでに私も彼女にアクセントの事について聞いた時の映像です。アクセントと戦いかなり長い年月が経っていて、未だにその戦いは終わらずにいます。英語の演技ってすごく難しいんです。特にオーディションは、、、、。このカベを破らなければと日々精進です。

流れをつかまないとね、、、

流れをつかまないとね、、、

2014年、あっという間に2月の終わり、やっと引っ越してきた地域にもなれてきました。結婚生活にも新しく犬のゾーイが家族の一員に加わりました。ゾーイはまだ赤ちゃんなので、しつけることが色々あり大変ですけど、とてもかわいいでので許せちゃいます。:)

役者業の方は、後一歩というところ。全力を尽くすが、なかなかサクッと結果が出ません。どんなに自分が役が取れると信じていても、取れない時は取れない。なかなか自分の思い描いたようにいかないよね~。まあーこれが人生なのでしょう。厳しい道です。色々反省し、今は次のチャンスに向けて英語、演技の練習を続けるのが毎日の課題です。決め駒をつくらないとな、、、やる事はまだまだいっぱいあります、、、。

持論ごとですが、オーディションには波があり、オーディションが入る時はまとめていくつか入ってくるんです。其のサークルが、だいたい数ヶ月に一回の割合で入ってくるんですよね~。今年に入ってからもオーディションの波が来ましたが、悔しくも逃してしまいました、、、。波が来ても見送っているだけではつまらない、楽しく乗りたいよね、その波に、、、。将来はこの波が来た時に確実に役が取れる役者を目指します。

私の人生の第2章がもうすぐ幕を閉じます

私の人生の第2章がもうすぐ幕を閉じます。心を入れ替えた2002年、人生、演技を真剣に考えるようになり、そしてこのハリウッドで自分の夢を叶えるために、崖っぷち人生を、13年間ひたすら走り続けてきました。

毎日、毎日、時間の許す限り、心の浄化、演技の技術、そして結果を出す事にフォーカスをあて情熱を燃やしてきました。自分との戦いでした。様々な事を犠牲にして、夢のために走り続けてきました。自分にしかわからない葛藤があり、戦いがありました、、、。遊んでいる暇などなかったし、、、遊ぶという感覚が自然と無くなったというか、興味がなくなりました、、5年間、お酒もセックスもない生活を経験しました。息抜きと言えば気の合う友と珈琲を飲んで、語り合う事でした。結婚してからは妻と時間を共にするのも息抜きとなりました。友と夢について語り合う事が自分にエネルギーを与えてくれました。

ま〜いろいろと模索するなか、この世界はあまいものではないと気づいた自分がいました。どうにかなると適当にやっていたら適当な結果しか出ないんだと気づきました。死ぬ気でやらなければ駄目だなと、、、、。それから全てのチャンスに全力投球してきました。精一杯努力して全力を尽くしたオーディションに何百回も落ちました、、、何度も失敗をしました、恥をかきました、自分のあまさを知りました、、、心が切り裂けました、、、自分の実力を知りました、、、何度も大きなチャンスを逃しました、、、とことん落ち込みました。そこからが又、新しい挑戦であり、始まりでした。何をすべきなのか?!負けてたまるか!

そん事を繰り返し、少しずつ少しずつ演技の経験をさせてもらう機会に巡り会ってきました。そして、現在を迎えています。2013年もそろそろ終わります。まだまだ満足はしていません。最高の結果!を出すまでは日本に帰らないと思っていましたが、いろいろと考えた結果、今年の年末から来年の年始にかけて一時、日本に帰る事に決めました。実に13年ぶりの日本です。本当にいろいろあったこの13年間でした。この機会を期に私の人生の第2章の幕が閉じます。新たな決意と自分の夢と共に、これからも走りまくり、戦い続けます!

Acting Class / 充実した演技クラス

最近は英語、演技の勉強の毎日が続いています。ここの部分で自分に勝たないとだめだ!将来はない!と自分に言い聞かせ切磋琢磨しています。地味な戦いです。とことん自分を追いつめ、毎日自分に勝つ事がテーマです。今日もアクティングのクラスを受けてきました。自分の準備していったDavid Mametが書いた舞台からの1ページのモノローグをパフォーマンスとしてやり、いろいろとアクティングコーチからアドバイスを受け、演技し、又、アドバイスを受け、演技しと何回も演技をさせてもらいとてもいいトレーニングになりました。アドバスを受けてから、それを理解し、自分の演技を精神的、肉体的に調節する。自分にとってこの調節する部分がとてもいい勉強になるんです。上手く行かない事も多し、キツいけど、今の自分には楽しい充実した時間です。最近又、英語、演技に対する真剣度が増しました。最高の結果が出せるようにこれかも頑張ります。精神的にカベを一まい突き破った気がします。いい事ですねこれは。夢と共に生きれる事に心から感謝です。

Don’t think you’ve mastered the character just because you got called in. “Actors have to know to be ready on the spot to make some changes.”