Power of word

この言葉を読むごとに、すごく実感するし、やる気が出てくる。我が師の言葉。 「人生は戦いである。人は皆、戦士である。戦人として生きねばならない。それが生命の掟である。戦いを避けることは、それ自体、敗北である。しかし、戦いがつねに、華々しいものとはかぎらない。むしろ地味な、孤独な、”自分との戦い” が、その99%を閉める。それが現実である。」 そうだな、自分が行動を起こさなければ、誰も何もしてくれない。行動を起こせば、協力してくれる人が出てくる。誰もが、華々しい人生を送りたいと思っている、でも、大切なのは毎日どのように、人生の土台をどう建設していくか?ピラミットも頂上からは作り上げる事はできない。土台を作るのには時間がかかる、手間もかかる、でもこの人生の土台作りを楽しめる自分でありたい。

ある昔の話

昔、昔、私がまだエキストラをしていた頃、Robbery Homicide Divisionというテレビシリーズでエキストラとして働いていました。その時、マイケルはそのテレビシリーズのレギュラーでした。その頃はまだ、アジア人がテレビのレギュラーとして出演する事があまり多くなかったので、いつも撮影の時に彼を見ていてどんな人なのかな〜なんて思っていて機会があれば話してみたいなと思っていたんですよね。そんな彼と撮影の合間に、話をするチャンスがあり業界、演技の事を聞いた時に彼は私にこう言いました。「本当に役者になりたいなら、いつまでもエキストラをしていたら駄目だよ」と嫌な顔をしないで、優しくアドバイスをしてくれました。とても深く、意味のある言葉を彼から貰った事を今でも鮮明に覚えています。それがエキストラをやめるきっかけになりました。そんな彼は今でもバリバリに活躍しています!英語ですけど、以下がマイケルが紹介されているサイトです。 http://majorcrimestv.net/michael-paul-chan-still-tao-after-all-these-years/  

本はいいね!

生活に追われる日々の中、久々に本を読み終えた、ドストエフスキーの「罪と罰」。主人公の青年文学者、ラスコーリニコフの生き方、考え方を中心にストーリーが描かれ、人間をとてもよく描写している、いい所も、悪い所も。最後の200ページぐらいはもう止まらなかったな、、、。いい心の栄養になりました。時間を作ってもっと本を読みたいな。

一言

毎日を充実する一日に!!をテーマに生きる私は今日も充実した一日を過ごす事ができました。朝から歯医者、それからトレーニング、それから演技練習、そして仕事、、、後は寝るだけです。明日も頑張るぞ!  

もう4月突入?

4月に突入!!バカヤローお前は何をしてるんだ!と自分で自分をしかる自分。心が痛い、、、このへんでバリッと結果を出したい!と焦る心を落ち着かせ、できる事を1つ1つやっていこう。平常心で淡々と、、、、。企画しているプロジェクトもかなり遅れているが、ここはグッと踏ん張るしかないな、、、。スピーディーにポンポンポーンと上昇気流に乗っていきたいって言うのが本音ですが、これも又いい経験です。ここはグッと踏ん張ろう。そして必ず終わらせるぞっと! これからはこんな状況を改善していかなければ、このサイクルはあまり健康的ではない。もっと大きく、スピーディーにクリエイティブに上を目指そう。でもこういう時こそ成長させてもらえるんだよね。頑張ろう!  

プロデューサーセッション

久々にあるテレビドラマのプロデューサーセッションに行ってきました。監督、プロデューサー、脚本家に囲まれて演技をしきました。このチャンスに全力で望みました。終わった後はいい充実感があり、これで結果が出れば言う事なしですね。後は最高の結果が出るように祈るだけです。そして、次のチャンスに向けて前進あるのみです!

体を鍛えなおすぞ!

2014年になってから、体をもう一度鍛え直そうと、ヨガに加えて、ジムでのトレーニングと、ランニングを含めた有酸素運動をスタート。それと大好きな甘いものをカット。食べるものは大切だからね。ちりも積もれば「脂肪」となる。日本に帰った時に肥えた体を少しずつしぼっています。:) トレーニングをした後に、いつも思うんだけど体を鍛えると頭の中がスッキリするんですよね。特に走った後は体も頭もいい意味で軽い。ヨガは呼吸と体とマインドのバランス。このハーモニーがとても気持ちがいい。集中力も上がるし、行動も軽くなる。私にとってフレッシュに自分自身を維持することは大切なんです。一つ、一つのチャンスに最善を尽くしたいし、チャンスが来たらいつでもレディーな自分でいたいし、そして、そのチャンスをものにしたいですからね。しかし、フレッシュな自分を自然に維持できるわけではないですから、、、。「何かしないと」なんですよ。だから色々やるんです。 英語力も、演技力も同じで常に「何かしないと」なんですよ。自分が、いいんじゃないか!?これは?!とひらめいたらやってみるし。試してみる。いつまでもこんな自分でいたいと思っています。こういうチャレンジの連続が自分を鍛えてくれると思うし、勝利の運気を呼んでくると信じています。

仕事環境のジレンマ

今日はちょっとした人生のジレンマについて、 ある3Dのキャラクターデザインをしている友人と食事をした時に仕事の話になりました。彼はいくつものスタジオで働いた経験もあり、実力もある人です。話している内容が人生で大切なポイントだと思ったので書こうと思います。内容は、レベルの高い会社からレベルの低い会社に仕事の状況が映った時です。 レベルの高い会社で働くと、一流の人達が一流のものを制作しているので刺激になる。才能あるクリエーターから学べる事もたくさんあり、技術も向上する。作品を仕上げた時の充実感がある。職場で働いている人に対する扱いがいい。給料がいい。などの特権がついてくる。 レベルの低い会社で働くと、一流の人達がいないので刺激にならない。経験、技術のない人達の勘違いのエゴから悪影響を受ける。才能のある人がいない。技術が落ちる。労働時間が長いが、給料が安い。作品にたいする充実感がなくなる。やる気がなくなる。文句が多くなり、腐る。などの不特権がついてくる。 これは、環境がすごく人を影響するという事ですよね。誰もがレベルの高い会社でいつまでも働きたいと思いますよね。レベルの高い会社で働き続けるのも、かなりの競争率ですごく大変です。レベルの高い会社枠がなければ、レベルの低い会社で生きるために働かなければならない。レベルの低い環境でー流を目指す姿勢を貫くのは至難の業ですね。精神的にも肉体的にも、とてつもないエネルギーを使うと思います。こういう人生のしがらみの中で生きている人は多いと思います、、、。辞めても良し、続けても良し、大切なのは自分がどうしたいのか決めて行動に移す事だと思います。 私も、いい監督、いい脚本、いいプロダクションに巡り会い、常に演技をして、いい給料をもらいたいと思いますが、現実はそんなにあまくはありません。演技を始めた頃、いい加減なプロダクションの企画で痛い目に何度も遭いました。自分の夢と理想のために常にチャレンジです。 こういう大変でキツい状況を乗り切っていくのが人生の醍醐味ではないでしょうか。夢と希望をいつも心に!こんな事について友人と語っていました。わっ!今、この友人から電話がかかってきました。とても偶然!と言う事で失礼します。

身じかで起こった度肝をぬかれた話。

身じかで起こったハリウッド、ドリームカムチュルーーー!!!私の友達が映画の脚本を1ミリオンでスタジオに売りました!とても驚き、そして嬉しいニュースでした!!!ジェークに心から拍手です!!!あるんですね。こういう事が!!ライターとしてもトップ5のエージェンシーがつきこれからがまた楽しみです。この事実には本当に刺激を受けました!初めて売った脚本ですよ、初めての、、、。彼は熱い男ですよ、奥さんも、子供をいるけど、諦めずに情熱を燃やし続けてきたんですよ、夢のために!!