Dango Samurai Episode 2

パンパカパーン!!だんご侍、第二話が完成しました!未熟ですが、全力を尽くしました。時間はかかりましたが、終わりました。協力して下さった方達に心から感謝です。本当にありがとうございました!ちょっとした達成感にひたると共に、これからの新たな挑戦に、はらはらドキドキ。頭の中はぐるぐる、ぐるぐる、、、。しかし、制作は楽しい!これがもっといい状況で出来るようになればかなり楽しいだろうな、、、なんて思っています。個人的に、この厳しいエンターテイメントの世界で、「積極的に何かをクリエイティブに表現していく。」この大切さを感じています。「だんご侍」少しでも、ほんのちょっとでも楽しんで頂けたらと思っています。時間のある時に見てみて下さい。 Yes, yes, yes! We did it. We finished “Dango Samurai Episode 2”!!! For us, this is the beginning and we still have a lot to learn, but we did our best! and our challenge still continues. This is a little accomplishment for me and I feel good about expressing my passion and creativity. I…

Finish Filming! For All Eyes Always

全力投球したインディー映画の撮影、無事終了しました。後味のいい撮影でした。完成が楽しみです。後は、いい映画になるように祈るのみ。どろどろで、血まみれにもなったけど、本当に楽しい撮影だった。みんな、いい人ばかりで、若い情熱がむなぎっていて、役者さん達も気合入っていたし、又、人生の中でいい経験が一つ増えました。心から感謝です。

For all eyes always

次に出演する映画のフェイスブックページが出来ました。もし良ければ「いいね!」のサポートよろしくお願いします! Here is For All Eyes Always facebook page! Please check it out and like it to support us! Thank you very much! https://www.facebook.com/foralleyesalways

Filming / 撮影

今週、2日間の撮影が無事終わりました。最後は衝撃的なシーンで終わったので、いまだに興奮冷めやまずにいます。役者さん達もクルーも皆いい人達でよかった〜。働きやすいし。監督のロブはこのインディー映画で監督デビュー。素朴な彼の一生懸命さをセットで感じ、その思いに答えたいと思った。監督、プロデューサーを含めたクルーの年齢層が若く、発想がとてもユニークなので、どんな感じになるのかな〜、、、って部分もあって、作品の完成が楽しみです。主役の役者さん達の情熱と気合をバンバン感じて、いい感じで刺激を受け、演技しやすかった!来週にもう一日撮影が残っているので最高の仕事が出来るように準備します。やっぱ撮影は楽しい!

ちょっとした撮影

プロダクションからの一通のメール、小さな企画の仕事のオファーだった。最近、仕事のない自分は迷わず、Yesのメールを返した。 3分ぐらいの短いショートコンセプトの企画。撮影は短い時間だったが楽しかったな〜。前にもこの「Funny or Die」のプロダクションにお世話になって、これで2回目。この企画の監督が呼んでくれたみたいだ、感謝、感謝。1シーンの小さな役でしたがいい勉強になりました。共演している役者さん達もいい人で楽しく仕事ができました。映像が上がってきたらアップします。 ネットのおかげで幅の広がった映像の世界。未来のチャンスのために今は黙々とできる事を毎日、やるだけ。自分に勝つ日々の努力、、、。

もうこんな生活こりごり!と思ったその時、、、

もうこんな人生こりごり!もうこんな生活やだ!もう耐えられない!と思ったら、その時こそが自分を変える、人生を変える大きなチャンス!今までの中途半端な適当な惰性的な生き方をやめろ!とう人生の知らせです。そういう人生の瞬間が来るってことは、自分が嫌な事、したくない事、納得してない事を我慢してやってきてる、そんな心の灰汁が蓄積された状態だと思います。それが勉強かもしれない、仕事かもしれない、人間関係かもしれない、自分自身かもしれない、、、それを変えるも変えないも自分次第です。 自分も何度もこんな経験をしてきました。その度に折れて、はい上がり、自分自身と戦ってきました。文化も、言葉も、習慣も違うアメリカで夢を実現させるために生きていくって簡単じゃありません!しかも役者で、、、普通に考えたらこれってほとんど不可能だと思います。でも、その不可能への挑戦は今でも続いているし、一生続くと思います。そして、そんな挑戦を繰り返しているうちに、気づいてみるとその挑戦を楽しんでいる自分がいました。かれこれアメリカ滞在17年!?いろいろな仕事で生計をたてながら、いくつかの修羅をくぐり、モデル、コマーシャル、テレビ、映画の仕事を重ねてきました、撮影の後、あ~夢が叶った!という充実感に満たされた時もありました。最高でした!レッドカーペットで勝手が分からず緊張している自分もいました。最高でした!現在もオーディションを受ける日々が続いています。苦しい時はもちろんありますが、そんな挑戦を楽しんでる自分が好きです。 私がそもそもアメリカで役者になる!という夢を叶えたいと思った理由は、人を励ましたい!という思いでした。夢は叶うんだ!という事を自分の人生を通して証明して、人を励ましたいという思いでした。アメリカで役者になる挑戦は、野球を諦めた自分自身への励ましであり、挑戦であり、希望であり、深い、深い誓いなんです。自分の人生、自分の経験を通して一人でも多くの人を少しでも勇気づけられたらいいなと思っています。  

流れをつかまないとね、、、

流れをつかまないとね、、、 2014年、あっという間に2月の終わり、やっと引っ越してきた地域にもなれてきました。結婚生活にも新しく犬のゾーイが家族の一員に加わりました。ゾーイはまだ赤ちゃんなので、しつけることが色々あり大変ですけど、とてもかわいいでので許せちゃいます。:) 役者業の方は、後一歩というところ。全力を尽くすが、なかなかサクッと結果が出ません。どんなに自分が役が取れると信じていても、取れない時は取れない。なかなか自分の思い描いたようにいかないよね~。まあーこれが人生なのでしょう。厳しい道です。色々反省し、今は次のチャンスに向けて英語、演技の練習を続けるのが毎日の課題です。決め駒をつくらないとな、、、やる事はまだまだいっぱいあります、、、。 持論ごとですが、オーディションには波があり、オーディションが入る時はまとめていくつか入ってくるんです。其のサークルが、だいたい数ヶ月に一回の割合で入ってくるんですよね~。今年に入ってからもオーディションの波が来ましたが、悔しくも逃してしまいました、、、。波が来ても見送っているだけではつまらない、楽しく乗りたいよね、その波に、、、。将来はこの波が来た時に確実に役が取れる役者を目指します。

Top of my head

今日はとてもいい天気です。ロスはジーンズ、Tシャツでオッケー!朝はジムでトレーニング、サイクリングを30分、ランニングを20分、ストレッチ、そして軽いウエイトトレーニング。気分は爽快!次のチャンスに向けて肉体的にも精神的にも鍛えるのが自分の仕事の一つです。チャレンジしているプロセスを楽しまないとね、と自分に言い聞かせています。今度はどこでアクティングを勉強するか考え中、予算と時間、そしてクオリティーを考慮して、、、。 今年に入って結果はまだ出ていないが、英語の台詞が去年よりもスッーと入ってくるようになったのが収穫。このまま、トレーニングを続けよう。徐々に、徐々に。

私の人生の第2章がもうすぐ幕を閉じます

私の人生の第2章がもうすぐ幕を閉じます。心を入れ替えた2002年、人生、演技を真剣に考えるようになり、そしてこのハリウッドで自分の夢を叶えるために、崖っぷち人生を、13年間ひたすら走り続けてきました。 毎日、毎日、時間の許す限り、心の浄化、演技の技術、そして結果を出す事にフォーカスをあて情熱を燃やしてきました。自分との戦いでした。様々な事を犠牲にして、夢のために走り続けてきました。自分にしかわからない葛藤があり、戦いがありました、、、。遊んでいる暇などなかったし、、、遊ぶという感覚が自然と無くなったというか、興味がなくなりました、、5年間、お酒もセックスもない生活を経験しました。息抜きと言えば気の合う友と珈琲を飲んで、語り合う事でした。結婚してからは妻と時間を共にするのも息抜きとなりました。友と夢について語り合う事が自分にエネルギーを与えてくれました。 ま〜いろいろと模索するなか、この世界はあまいものではないと気づいた自分がいました。どうにかなると適当にやっていたら適当な結果しか出ないんだと気づきました。死ぬ気でやらなければ駄目だなと、、、、。それから全てのチャンスに全力投球してきました。精一杯努力して全力を尽くしたオーディションに何百回も落ちました、、、何度も失敗をしました、恥をかきました、自分のあまさを知りました、、、心が切り裂けました、、、自分の実力を知りました、、、何度も大きなチャンスを逃しました、、、とことん落ち込みました。そこからが又、新しい挑戦であり、始まりでした。何をすべきなのか?!負けてたまるか! そん事を繰り返し、少しずつ少しずつ演技の経験をさせてもらう機会に巡り会ってきました。そして、現在を迎えています。2013年もそろそろ終わります。まだまだ満足はしていません。最高の結果!を出すまでは日本に帰らないと思っていましたが、いろいろと考えた結果、今年の年末から来年の年始にかけて一時、日本に帰る事に決めました。実に13年ぶりの日本です。本当にいろいろあったこの13年間でした。この機会を期に私の人生の第2章の幕が閉じます。新たな決意と自分の夢と共に、これからも走りまくり、戦い続けます!

コマーシャルコールバック

コマーシャルのコールバックに久々に行ってきた。思ったとおり多くの人が来ていた。ここから受かるのが1人か2人、、、過酷な世界です。前から知っている人、初めて顔を見る人、時は確実に流れてるなと感じた。セッションの前にキャスティングディレクターからシーンに対する丁寧な説明があった。オーディションをする部屋に入ると、監督、アドエージェンシー(広告代理店)、クライアントがいて、監督がセッションを仕切っていた。セッションはカメラの前に置いてある2つの椅子に自分のパートナーと座った。始めは説明を受けた事を自分なり理解し演技する。そこから、監督から何回かアジャストメントをもらい、それに応じて演技するといった具合だ。今回のセッションはリラックスして、とても楽しめた。それに、知り合いにも会えたし、とてもいい一時だった。明日からも頑張るぞ!